【2018年】オンラインカジノの戦略。適当にスロット回しとけ!

オンラインカジノは結局のところ稼げるのか?という点を以前の記事(【2018年版】オンラインカジノは勝てない?稼げる?稼げません!)で解説し、長期的に見ると「稼げない」という点をお伝えしました。しかし、オンラインカジノの登録者数はうなぎのぼりであり今も登録者が続々と増えています。なぜでしょうか?

一般的に考えると「勝てない=やらない」という考え方が当たり前です。当たり前すぎることなんですが、この点を深堀りしていくと「オンラインカジノをプレイする理由」が見えてきます。当記事では「ギャンブルの仕組み」「なぜ人はギャンブルをするのか?」を解説し、それをふまえた「オンラインカジノの戦略」をお伝えしていきます。

そもそもギャンブルとは?

ギャンブルをシンプルにたとえる

例えば、みなさんの目の前に箱型のくじ引きが設置されているとします。イカサマは一切なし、箱の中には100枚の紙。くじを引く参加料は1回100円です。中のくじはどれも同じで、1枚引いたらどのくじが出ても80円がもらえます。どうですか?このくじ引き、引きますか?恐らく「引く」と答える方はほぼ0人でしょう。だって、絶対に勝てません。1回引くたびに確実に20円がなくなり、しかも面白くもなんともない悪魔のくじです。万が一「引く」と答えた方は、「こんなバカげたクジが本当に存在するのか損する前提で確かめてやる」といったような理由があったんだと思います。笑

それでは、くじの中身を少し変えてみます。参加費は100円、中のくじも100枚。ただし、100枚のくじの中には1枚だけ金色の豪華なくじが含まれており、金色のくじが引ければ5万円がもらえます。このくじだったら引きますか?「よーし、それならやってやる!」と思った方はまだいないのではないでしょうか。でも、このクジって絶対に損しますか?そんなことはないですよね。確率的な話をすれば99人の方は100円損します。でも、見事100人から選ばれた1人のラッキーボーイは49900円を稼いだことになります。大ラッキーボーイですね!

絶対に損するクジと、もしかすると大勝ちするかもしれないクジ。人間の心理について。

さて、先ほど紹介した2つのクジですが、仮に「どちらかのクジを必ず引かなければならない」という状況ならどうしますか?

1.100円払って80円戻ってくる、絶対に20円損するくじ

2.100円払って当たりを引ければ、5万円もらえるくじ

こう書くと、2のクジを引く!という方もいるのではないでしょうか?よく考えてみてください。1のくじは1回あたり20円づつ損をします。それに比べて、2のクジは1回あたり50円づつ損をする計算になりますので、期待値で言えば圧倒的に1のクジが有利です。絶対に損しますが(笑)

もちろん「当たり」が含まれているので1回引いたら絶対に損をするというわけではありません。もしかすると、立て続けに当たりを引くかも!?という可能性だってあります(ちなみに、このクジで連続2回当たりを引く確率は1/10000ですが・・・)。そして、その可能性があるからこそ「2のクジを引く!」という人がいるんですよね?誰だって「絶対に、何があっても損します」と言われるより「もしかしたら5万円もらえるかも」と言われた方がいいに決まってますよね。

ギャンブルの本質

実は、ギャンブルの本質はこのクジの内容と同じなんです。パチンコにしろ競馬にしろ、どのゲームも「還元率」が設定されていて「払った参加料に対して○○円戻します」という仕組み。しかも、○○円の部分が参加料を超えることは絶対にありません。くじを引く側が損をしたくないと思うことと同じ、胴元も損はしたくありませんからね。ただし、1のくじのように「絶対に負けます」というと参加する人が現れないので、2のクジのように「もしかしたら当たっちゃうかも!?」と思わせて参加を誘導するようにしています。その誘導方法も巧妙で、宝くじのように「高額当選」をアピールしたり、パチンコ・スロットのようにゲーム性や技術介入などを売りにしたりと様々です。もちろん、競馬であれば「馬の状態」や「騎手の技術」を把握したり、麻雀であればプレイスキルが重要になってきますので、上記のクジのように「必ず負ける」とは言い切れませんが!

ただ、どのギャンブルにおいても勝者の裏には敗者がいて、その敗者は「胴元」ではなく「一部のプレイヤー」です。ギャンブルをする人は「もしかしたら勝てるかも!?」という気持ちでギャンブルを始め、「スキルを磨けば勝てる」と思ってしまう、それがギャンブルを行う人の心理です。

ギャンブルで勝つためには?その戦略

ギャンブラーの種類 勝ちの分布

オンラインカジノに限らず、ギャンブルに参加している人は大まかに3つのタイプに分かれます。

1.大勝ちしているラッキーボーイタイプ。

2.ちょこちょこ負けを重ねているタイプ。

3.コツコツ資金を増やしているタイプ。

この中で、圧倒的に多いタイプは「2」です。次いで「1」、圧倒的な少数派が「3」です。ちょっと意外でしたか?先ほども触れましたが、みなさんがギャンブルをする時に思い描く理想の姿は「3」のタイプではないでしょうか。どんなギャンブルであれ、スキルを磨いてゲームへの理解を深め、相手を出し抜き勝ちを得る。これができたら最高ですね!でも、それもうみんなやってますよね。そして、その多くが出し抜くつもりが出し抜かれてしまい、長期的にお金を浪費してしまいます。そんな経験ある方、多いんじゃないですか?いつだって「3」のタイプになれる方は天性の才能に恵まれ、想像を絶する努力を重ねた一握りの人間だけです。例えば競馬をする時、北海道の牧場まで毎週馬の状態を見に行きますか?騎手や調教師と仲良くなって、情報を得ていますか?ホールでスロットを打つ時、毎日毎日いくつものホールで下調べをしますか?狙い台が空くかどうかもわからない中、場合によっては3時間4時間待てますか?私の知り合いには競馬や麻雀、パチンコで生活している人もいますが、今あげたようなことはプロはみんな当然のようにやっていますよ。断言しますが、そんなことをやっている人たちが少数派の「3」になれる人です。レース前に新聞を読んだり、スキマ時間に攻略動画を見て勝てるほどギャンブルの世界は甘いものではありません。

ギャンブルをする上での目指すべき姿

それでは、現実的に勝つためにどんな理想を掲げればいいのでしょうか?答えは1の「ラッキーボーイ」になることです。一気に話が怪しくなってきましたね・・・別に開運の壷や置物を買いましょう、という話ではないので安心してください(笑)

さきほどの話で、スキルを磨いてコツコツとギャンブルで資金を増やすことがいかに難しいか、ご理解頂けたと思います。もし、それでも「俺は人とは違う!いつかスキルを磨いてプロになるんだ!」という方は必勝法のあるブラックジャック、競技人口の多いポーカーがおすすめなんですが、その話はまた別の記事で。ブラックジャックの必勝法について(中級者~上級者向け)

話を戻しますが、「ラッキーボーイ」になりましょうと言っても闇雲にパチンコ台に座ったり、シックスセンスでロト6の当たり番号を引き込め、という話ではありません。要はやるならできる限り還元率が高く、スキルに起因しないゲームを選びましょうということです。そして、その2つの観点で非常に適しているのが「オンラインカジノのスロット」です。

オンラインカジノのスロットは還元率が非常に高く(95%~98%)、当選金額が高額なことで有名です。50万~100万円クラスなら日常的に遭遇できるレベル、1000万円~1億の高額当選も夢ではありません。

この話をすると、「それなら宝くじでもいいのでは?」という声が聞こえてきそうですが、先ほどからお伝えしている「還元率」という点から宝くじは全くおすすめしません。宝くじの還元率は「約40%」、つまり100円の宝くじから得られる期待値は40円しかありません。確かに宝くじでも高額当選する可能性はありますが、国営ギャンブルで税金が高いことと全国に販売店舗があることから経費がかさんでしまい、そもそもの期待値が低いために当選確率が極めて低いからです。これでは勝とうと思っても勝てません。

ちなみに、「還元率」と各種ギャンブルのパーセンテージについては【2018年版】オンラインカジノは勝てない?稼げる?稼げません!という記事に詳細を解説していますので、是非ご覧ください。

オンラインカジノの戦略

これはもう簡単です。他のサイトのように難しいことは全く言いません。

「オンラインカジノでスロットを適当に回す」

以上です。

そして、スロット台の中にも「コツコツ当たる機種」と「当たったらデカいが中々当たらない機種」が存在します。今回の戦略で狙うのは間違いなく「当たったらデカい」機種です。色々理由があるのですが、コツコツ当たる機種というのは確率が収束しやすいんですね。今回の戦略は確率のゆらぎを利用した超ラッキーボーイ戦略なので、いわゆる「波が荒い機種」であればあるほど適しています。

何度も言いますが、スロットは還元率100%を超えません。超えることがありません。ゆえに、ずーっと続けていればいつかは負けます。しかし、「95~98の高還元率」であることにより、勝ち負けにはゆらぎが生じます。例えば、トランプを1枚伏せてその色(黒か赤か)を当てるゲームを行う場合、当たる可能性は50%にも関わらず3回、4回と連続で当たることが結構な頻度であります。これが、確率のゆらぎです。オンラインカジノでも、たまたまジャックポッドが当たった!たまたま大勝ちした!ということがしばしばあります。この確率のゆらぎを狙い、ラッキーボーイになってください。そして、大勝ちしたその時点できっぱり足を洗ってください

入金不要ボーナスを活用する

さて、ここまでお伝えした内容はご理解頂けましたか?最後にお伝えしたいことが「オンラインカジノの入金不要ボーナス」の存在です。

オンラインカジノは多くの運営元で$10~$30程度の「入金不要ボーナス」が提供されています。「入金不要」、つまり登録さえすればOK!というボーナスですね。当然、タダでもらえるわけですからカジノ側は完全な赤字です。このボーナスの存在理由は一つ、「集客」です。登録者がうなぎのぼりと言えども、初心者にとってはやはり敷居が高いと感じるオンラインカジノ。そこで、少しでもオンラインカジノの安全性や信頼性、そして魅力を知ってもらうために各カジノでは登録だけでもらえるボーナスを用意しています。

$10は約1100円ですから、登録だけで1100円~3300円ももらえてしまう、超お得ですよね。この記事の最後に紹介した理由は、先ほどの「オンラインカジノの高還元率」と「入金不要ボーナス」を組み合わせることによって・・・なんと、「還元率は100%を超えることはない」という点が瞬間的には100%を超えてしまうんですね。無料でもらえて通常入金と同様のゲームができるので、当たり前と言えば当たり前です。

そのため、最初は「入金不要ボーナスをもらう」→「勝ったら出金、負けた場合は別のサイトに登録して再度入金不要ボーナスをもらう」→「勝ったら出金、負けた場合は・・・」を繰り返すことにより、「確率のゆらぎ」を利用しやすくなります。なにせ元手がタダなので、負けても痛くも痒くもありません。

入金不要ボーナスと受け取れるサイトについては【2018年】入金不要!オンラインカジノ初回ボーナスまとめで詳しく取り扱っていますので、是非ご利用ください!

この戦略を利用する際はベラジョンカジノがおすすめです。入金不要の$30登録ボーナスに加え、最大$500の入金ボーナスがあります!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*